HAPPY FEET

意外なストーリー展開に激しく戸惑った・・・。
こんな展開になろうとは、全く持って予想していなかった。
当初は歌がヘタな主人公が幾多の困難を乗り越え、自分の個性であるダンスで自分を表現 → 全てOK → ハッピーエンド。
ってお気楽展開を予想し、途中まではその流れだったのですが。。。
主人公の設定もけっこうシビアで、障害を障害として見るのか個性として見るのか、
親や周囲の扱いもシビアでしたね。ある意味リアルというか、何と言うか・・・。
エイリアンとして描かれていた人間は実写でしたね。
実写の人間とCGのペンギン、これは逆に新鮮な感じがしました。
別に全編3DCGである必要はありませんからね。
でも不可解だったのが、最後のシーンです。
水族館で踊りだす主人公ペンギンが世論を動かす所までは分かるのですが、
なぜに故郷に戻ってくるの?
「この迷子ペンギンを故郷へ返そう運動」みたいなのが起こったのかな、と思いましたがどうなんでしょう。
もっとお気楽で最後はみんなで最高ハッピー!みたいなのを予想していただけに終盤の展開には戸惑いました。
それに幼少期の皇帝ペンギンのふわふわっぷりをもっと観たかった。
ハッピー フィート 特別版(2枚組)
監督: ジョージ・ミラー
[Amazonで詳細を見る]

7 Comments

  1. より:

    初めまして 写真に興味を持ち始め Lomoを買おうかなと思っていて こちらにたどり着きました。 ケンスケさんの写真、すごくタイプです!素敵ですね こういう写真をとりたいなって思います! Lomoで ロモボーイ?が付いているのと無いのがありますが・・何か違いがあるのでしょうか?・・すみません 無知でして・・・

  2. ayumi より:

    こんにちゎ!!!
    そして初めまして(∇≦*)
    LOMOで検索してケンスケサンのブログに辿り着きマシタ
    綺麗?な&かわぃらし?写真が満載ですネ!!!
    外人の子供達が芝生に座ってる写真なんかメチャメチャ魅入ってしまぃマシタ♪
    アタシも5ヶ月程前にLOMOデビューし今ではどこに出掛けるにもLC-A+、Fisheye2も一緒な感じですw 最近、一眼系カメラがメチャメチャ気になっててど素人なだけに情報収集中なんデスがもし良きアドバイスなんかあれば宜しくお願ぃしマス!!
    また遊びにこさせてもらぃますネw
    色んな写真を見させてもらって楽しかったデス

  3. ケンスケ@管理人 より:

    空さん>>
    コメントありがとうございます。
    お褒めのお言葉、ありがとうございます!
    さてさて、LOMO LC-Aの顔あり/なしの違いですが、商品そのものに違いはありません。
    顔ありの方は通称「ウィーン・バージョン」などと呼ばれ、LOMO社ではなくLomographicSocietyが販売しています。
    LomographicSocietyがLOMOから引き取った(買い取った?)LC-Aにロモボーイを印刷し、写真集やフィルムなどを付けて
    販売しているというわけです。
    一方、顔なしの方は「ブラックLOMO」などと呼ばれ、LOMO社が販売しているロモボーイなしのモデルを指します。
    これはLomographicSocietyを通っていないので、写真集などは付きません。カメラのみです。
    その他にもLOMOの表記やISOの表記がロシア語になっている「キリル文字バージョン」や、
    旧ソビエト(だったかな?)の国旗っぽいものがプリントされた限定モデルなどがあります。
    最近では「LOMO LC-A+」といったモデルも発売になっていると聞きました。
    うろ覚えですが、顔あり/なしの違いはこんな感じだったと思います。
    流通状況から新品を実際に手にとって吟味するのは難しいと思われますが、
    ネットオークションなどでは多く出品されていますので、探しやすいかと思われます。
    日本国内だと中古でも2万?3万円位と大変高額ですが、アメリカのオークションサイト「ebay」なら
    日本までの送料込みでもせいぜい2万円ぐらいで新品が買えたりするので、お勧めです。

  4. ケンスケ@管理人 より:

    こんにちは。コメントありがとうございます!
    お褒めのお言葉ありがとうございます!
    LC-Aいいですよね。ボクもひさびさにLC-Aで撮りたくなってきました(^?^)
    一眼レフが気になるとのことで、ボクからできる範囲でのアドバイスを。。
    一眼レフはコンパクトカメラでは決して得ることの出来ないボケ味があります。
    これにより被写体が強調できたり、遠近感を演出したりできます。
    そして最大の特徴として、レンズを交換できます。
    広角で撮りたい時、望遠で撮りたい時、などなど自分の撮りたい場面に合わせてレンズを選択することができます。
    コンパクトカメラと比べたときのデメリットとしては、やはりサイズが大きいことです。
    最近のは小型軽量化されているとはいえ、LC-Aの様にポケットにスッと入る大きさではありませんよね。
    あと、本体やレンズ、ストロボ、三脚などなど機材が豊富で次から次へと欲しくなってしまうかも。。(これは長所かな?)
    一眼レフはファインダーを覗いて、しっかり構えて撮ることになるので、「写真撮ってるゼ!」的な雰囲気は
    コンパクトカメラにはない醍醐味です。
    またコメントしてもらえたら嬉しいです!
    今後ともよろしくお願いします!

  5. ayumi より:

    うゎ―――っ!!!!!!!!(≧∇≦*)
    早速のお返事ありがとぉござぃマス!!!!!
    アタシも早く『写真撮ってるぜ!!』的雰囲気を味わいたぃデス?♪
    アタシの周りの友達にカメラ友が居なくってかなり探してたんデスょネ?..カメラ話が出来る相手をw
    飲み友は結構居るんデスけどネ(笑
    こちらこそ宜しくお願ぃしマスね!!!
    もしよければへなちょこなんデスがHPも作ったりしてるのでお時間ある時にでも遊びに来て下サィ♪ それではおやすみなサィ...☆

Leave a Reply