Archive for the ‘観た映画’ Category.

ボルト

久々に「面白い!」と思ったディズニー映画です。
ストーリーは自分はスペース・レンジャーだと思い込んでいる「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤーと、
彼の生活の全てはテレビ局による仕込みだったというジム・キャリー主演の「トゥルーマン・ショー」が一緒になったような感じでした。

ストーリー展開的にはありがちな感じなのですが、ボルトの勘違いっぷりがバズの比じゃないぐらいに
凄まじく、現実世界では使えもしないスーパーパワーを使おうとしているのがたまらなく面白かったです。

ディズニーではおなじみのちょっとトボけた脇役「ライノ」がこれまた素晴らしく、
脇役にしておくのはもったいない位でした。
(特典映像ではライノが主役の「ライノ」が収録されていました!)

ボルトの飼い主の少女役にはあのマイリー・サイラスということで、日本語吹き替え版は
白石涼子でしたので、安心できました。ハンナ・モンタナで聞き慣れていますからね。
というか、マイリーの映像で本人の地声だと逆に不自然に聞こえてしまうぐらいに白石涼子さんの
声はマッチしてるんですよ!微妙なしゃがれ具合とか。
あと、その他のメインキャストである佐々木蔵之介(ボルト)、江角マキコ(ミトンズ)、
天野ひろゆき(ライノ)が全員上手く、ボルトとライノはプロがやってるんだと思うぐらいでした。
芸能人が吹き替えやるとよく批判くらうけど、うまけりゃ誰も文句言わないんですよ。

家族みんなで日本語吹き替え版で見ると楽しいと思いますよ。
あとディズニー・チャンネル視聴者(もしくはハンナ・モンタナのファン)は特典映像の「ライノ」が100%楽しめます。

 
 ボルト [DVD]
 
ディズニー
 

君を守りたい。それが僕のスーパーパワー。
すべてがフィクションでも、ずっと家族だって信じてる。
僕には君しかいないから。
『ボルト』 

 

[Amazonで詳細を見る]


ウォーリー

発売日にDVDをゲットしておいて、今日やっと観れました。
めちゃくちゃ面白かった訳でもなかったけど、まぁまぁ面白かったです。
見終わった後に「あー、面白かった!!」と素直に言える作品です。
ロボットを中心にお話が進むのでセリフがあまりありませんが
ロボットのくせに(?)表情が豊かなので観ていて飽きません。
それどころか説明的なセリフがない分、想像力がかき立てられます。
ウォーリーがiPodを愛用していたり、充電完了音がmac OSの起動音だったりするので、
Appleファンはニヤニヤできるのではないでしょうか。
あと全体的な配色がどことなくスターウォーズっぽいなぁと思いました。
作品中に描かれている人間がどうにも微妙で、
立ち上がることすら困難でロボットの助けがないと何もできないのに
地球に帰ることに誰も異論を唱えないのが不自然だと思う。
まぁ、良くも悪くも「素直」ってことでしょうか。
DVDの特典映像も出来がよく、特に「バーニー」は必見です。
ピクサーはこーゆースピンオフ作らせると絶品ですね。

ウォーリー [DVD]
ディズニー
ディズニー/ピクサーの大ヒット最新作、早くもブルーレイ&DVDで登場!

キミは、ボクのタカラモノ。

宇宙で一番ピュアな愛が、地球を救う力になる。

ピクサーが贈る、29世紀のラブストーリー

[Amazonで詳細を見る]


パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

大ヒットシリーズの完結編の本作です。
もはや説明不要で、恐らく世界一有名な海賊となった
ジョニー・デップ扮するジャック・スパロウもこれで見納めとなりました。
(と思っていましたが、今調べたらパート4もやるらしいですね・・・)
本作に限らず、シリーズものを見るときには前作との時間差を極力短くしましょう。
じゃないと完結編にも関わらず、何がなんだか分からなくなってしまいますもんね。
ボクはこの「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのブームにすっかり乗り遅れてしまったので、
最初から最後までいまいちノリ切れませんでした。
なので、ストーリーの解釈がいまいちできませんでした。
もう一回、1作目から続けて見よう。そうすればもっともっと楽しめるはず。
ジャック・スパロウは世界的に人気を博したキャラクターとなり、
お金を稼げるキャラクターになったワケで、
劇中でもジャックのキャラクターは際立っています。
その反面、それ以外のキャラクターがかすれていて、
せっかく個性的な外見を持っているのに非常に残念です。
これはジャックを含めてですが、キャラクターのバックボーンが見えないというか、
これまで生きてきた厚みが感じられないのです。
まー、何にせよ1作目からもう1回観よう・・・。
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット (初回限定)
出演: ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ 監督: ゴア・ヴァービンスキー
[Amazonで詳細を見る]

I AM LEGEND

荒れ果てた大都会で人間は一人、ってやつですね。
CMしまくってたから気になってる人も多いかと思います。
大都会に一人というだけあって、登場人物が極端に少ないです。
まぁ一部回想シーンなんかはわんさかと人間が出てきますが、
基本的にはウィル・スミスぐらいしかでてきません。
肝心の中身はというと、「あぁ、そうね。だからレジェンドなのね」といった感じ。
まぁ都合良すぎますよ。なぜ主人公にだけ完璧な抗体があるのか、
とか車一台で”闇の住人”に特攻した時にタイミング良く助けが入るとか、
別の人間が来たとたんにワクチンが発見されるとかね、もうラッキー過ぎです。
まーアクション(?)映画ですから、そんなとこは気にせず「わぁ、すごーい」と観るのが正解でしょう。
荒れ果てたニューヨークの映像は気合い入ってます。
アイ・アム・レジェンド 特別版
出演: ウィル・スミス, アリーシー・ブラガ 監督: フランシス・ローレンス
[Amazonで詳細を見る]

ポセイドン

昔の「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクってこと以外何の予備知識も持たずに観た。
本作然り、海猿然り、この手の海洋パニックものは如何にして
「逃げ場(空気)のない恐怖感」を演出できるか否かに掛かっていると思う。
観ていて気が付くと手に力が入っていたり、思わず息を止めていたり、
観ているこっちまでもが息苦しくなる。
そーゆー演出が必要なのです。
本作ではそう言った王道とも言える演出が随所にあり、常にギリギリセーフ!の連続で、観ている者を飽きさせません。
この作品はピンチに次ぐピンチを凌ぎきる登場人物たちを純粋に楽しむのが筋ってもんでしょうが、
その登場人物の内面に関する描写が皆無なのが残念でした。
なぜこの船に乗っているのか、なぜこんなにも船の構造に詳しいのか、
などなど人物に関して描かれてない部分が多かったです。
ポセイドン
出演: カート・ラッセル, ジョシュ・ルーカス 監督: ウォルフガング・ペーターゼン
[Amazonで詳細を見る]

どろろ

原作はちらほら読んだ程度。全くの別物として観てみた。
全編通して影のある映像やグロテスクな妖怪など、世界観は徹底されていてよかったと思う。
が、それしかない。
ストーリーはもともとこの一本で終わらすつもりはないのが見え見えで、1本の映画としての完成度が低い。
どろろ コレクターズ・エディション
出演: 原田美枝子, 土屋アンナ 監督: 塩田明彦
[Amazonで詳細を見る]